AGA治療の効果が出るまでどれくらい?持続期間は?

AGAの禿げ方によって、治療の効果も違う

一言でAGAと言っても頭頂部型で真上の地肌が見えてしまっている事があったり、前頭部型でおでこが通常時よりも広くなっている事例もあります。

また、生え際(M字)型も男性ならではの症状と言い表すことができ、見た目の年齢を一気に高くする直接的な起因になってしまいます。

治療を実行した時に最も効果を発揮するのは真上が薄くなっている事案であり、その理由は男性ホルモンが影響を及ぼして毛根が失われてしまい、地肌が見えるようになってしまっているためです。

つまり、男性ホルモンが起因となっていることに良い働きを示すので、生え際が広くなっている場合も有効的です。

効果が出始めるまでの期間は数カ月

専門クリニックでカウンセリングを受けて正しく訴求させられる方式を採用しているのなら、治療開始後からすぐに根本を中心とした頭髪の触り心地の変化に気づくことができます。

それまでは優しく触れただけでも抜け落ちてしまいそうなほど頼りなかったのにも関わらず、お世話になり始めるとすぐにコシやハリを覚えるようになります。

もちろん、その後に再び減退してしまう事はなく、日を増す毎に強い髪の毛が生み出されていくようになり、およそ三ヶ月間が経過した頃にはすっかり頭が黒くなっています。

当然、自分の毛なので心配な副作用などにも見舞われることがなくて安心感があります。

効果はどれくらい持続するのか

実はAGAの治療に使う薬剤は一つだけではなく、プロペシアもしくはミノキシジルのどちらかを使っていくので、採用する方によって持続時間が変わってきます。

一般的に一連の作業を終えた後は半年間は何もしなくても惰性的に成長し続けるのですが、半年を経過した頃からは少しずつ再び抜け毛が見受けられるようになり、手で触れた時も毛量が減ってしまっている様子がしっかりと実感できます。

そのため、6ヶ月ごとに施設に足を運んで現状を医師に見てもらい、その都度適当な作業を行ってもらうことで、尚更持続させられるようになります。

薄毛治療を止めてしまうと・・・

治療をやめてしまった時、中には自然治癒力によってかつてのように無意識的に髪の毛が伸びていく方々も居るのですが、多くの方々は中断してしまえば元通りに戻ってしまう確率がとても高いです。

いくつもの要因が複雑に重なり合って元に戻ってしまうのですが、最も深く関与しているのは血管がもう一度収縮されてしまうためです。

育てていくための栄養源は血流に乗ることで細胞に届くので、経路となる血管が細くなれば届けられる栄養も限定的になってしまい、必然的に抜け落ちるようになります。

そうした実情があるので、途中でストップするのならじっくりと相談し、悔いのないようにしましょう。