AGA治療で使われる医薬品の種類と効果

プロペシアの特徴と効果

AGAには男性ホルモンが大きく関わっています。

男性ホルモンの「テストステロン」は「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンに変化します。

この男性ホルモンが増えすぎるとヘアサイクルが乱れ、薄毛や抜け毛につながり、AGAを発症させるのです。

プロペシアは有効成分である「フィナステリド」が5αリダクターゼと結びつくことを阻害し、薄毛を改善する働きがあります。

即効性はないため、最低でも半年は使用を続ける必要があります。

また、男性機能の低下や肝機能障害といった副作用があります。

ザガーロの特徴と効果

第二世代のAGA治療薬と呼ばれているのが新薬のザガーロです。

プロペシアとメカニズムは全く同じで、主成分の「デュタステリド」がジヒドロテストステロンの生成を抑えます。

実は5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、プロペシアはⅡ型にしか効果がありません。

5αリダクターゼのⅠ型Ⅱ型両方を阻害することで、発毛効果はプロペシアの数倍あるといわれています。

しかし、保険適用外であるため、費用は全額自己負担となってしまいます。

またこちらも半年以上は続ける必要があります。

副作用はプロペシアと同じく男性機能の低下があり、ほかにも精神障害などが報告されています。

ミノキシジルの特徴と効果

ミノキシジルには、毛細血管を拡張し血流を良くすることで毛母細胞に栄養を十分にいきわたらせ、毛髪の再生を促す効果があります。

そのほかの育毛剤と大きく違う点は、抜け毛を減らすわけではなく髪が生えなくなってしまった部分にも発毛効果が期待できるところです。

1年以上継続すると効果を感じやすいですが、使用を中止するとすぐに元の状態に戻ってしまうというデメリットもあります。

また、血管を拡張させる効果は全身に及ぶため、頭髪以外の体毛も濃くなるなどの副作用があります。

そのほか、狭心症など心臓に影響が出る恐れがあります。

その他HARG療法やメソセラピーなど

HARG療法は、頭皮に成長因子を注射などで注入しヘアサイクルを正常化することで発毛を促す治療法です。

育毛メソセラピーも頭皮に注入する点では同じですが、成長因子以外にもミノキシジルやフィナステリドなどクリニックによって異なる成分が使用されます。

外用薬に比べ直接注入することで有孔成分が無駄なく毛母細胞に届けることができます。

そのため、ほかの薄毛治療に比べ早期に効果が実感できるという特徴があります。

しかし、費用は一回2~15万円で、これを複数回繰り返す必要があるため高額になります。

また、治療方法によっては腫れや痛みを伴うことがあります。

これら医薬品は安全な専門医院の処方を受けるようにしてください。

病院での治療の体験談記事もありますので、ご一緒にどうぞ。

【関連記事】AGAの薄毛治療を名古屋のクリニックで受けてきた【体験ブログ】