AGAが発症する原因を理解しよう

AGA、抜け毛、薄毛の原因

AGAとは男性型脱毛症を指しますが、その原因は遺伝と男性ホルモンであるテストステロンの影響が挙げられています。

それに加えて様々な環境因子が影響してきます。

薄毛を防ぐためには先ず頭皮の健康が大切であり、そのためには心身の健康が大切になってきます。

その大きなものストレスがあります。

ストレスにより自律神経のバランスであったりホルモンのバランスが崩れると過剰な血管の収縮が起き、頭皮の血行が悪くなります。

そのことで毛根に十分な栄養が運ばれなくなり、結果頭髪を健康に保つことができなくなります。

その他、食生活、睡眠、栄養、過度の飲酒、喫煙、運動不足などが挙げられています。

AGAの症状(禿げ方)の違い

AGAの種類は大きく二つのパターンがあります。

前頭部の額の生え際からM字型に進行していくものと頭頂部からO字型に薄毛が広がっていく場合です。

さらにその二つの要素が混じっているもを複合型と呼んでいます。

その進行度合いもほとんど目立たないもの、薄毛が少し目立つ程度のもの、すでにかなり進行していて頭皮がかなり目立つものと分けることができます。

それぞれの部分の薄毛が少し気になり始めたら早めの対策を必要とします。

対策も早ければ早いほど効果も出てきやすいことになります。

症状が気になり始めたらその原因を考えてみましょう。

生活習慣を見直すことが第一歩です。

AGAのセルフチェック法

AGAのセルフチェックの方法ですが、何となく抜け毛が増えてきたとか髪のボリュームが減ってきたと感じたら要注意です。

親族のことを思い浮かべてみましょう。

なぜならAGAは遺伝要素がとても強いものだからです。

額の髪の生え際が少し後退してきたという自覚症状のある人はAGAの対策を実施していきましょう。

心身の健康を整え毛髪のサイクルを正常に保てるようにすることも大切です。

特に喫煙や不規則な生活、不規則に簡単に食事をとっている人はそこから整えていく必要があります。

頭髪のチェックと同時に自分の生活自体をチェックする必要があります。

AGA以外の脱毛・薄毛

AGAではない薄毛ももちろんあります。

その代表的なものに円形脱毛症があります。

100円玉くらいの大きさの円形の脱毛部が出現するものです。

その原因も様々ですが、比較的短時間の内に円形に脱毛がおこります。

その特徴は円形の脱毛の境界線がはっきりしているという事になります。

ストレスが原因になることも多いのですが、この場合はストレスがなくなれば自然に治癒します。

更に脂漏性皮膚炎が原因となることで脱毛が生じることもありますが症例的には数は少ないです。

ホルモンの異常などが原因となり過剰に皮脂が分泌され毛穴を塞いで炎症を起こします。

結果脱毛が生じてくるというものです。